Loading

wait a moment

どちらのグループにもいる!ホルンの不思議な話

ホルンの分類とスタイル

楽器の種類の中で息を吹き込む事によって音を出すものを吹奏楽器と呼び、木管楽器と金管楽器の二つに分けられています。ホルンは金管楽器に分類されており、大きな朝顔のようなベル部分と長い管が渦巻状になっているのが特徴です。元々は「角笛」と言う意味を持ち、その音色から色々な楽器とも合わせ易い所から色々なジャンルで使われています。現在では用途によって「フレンチホルン」や「ウインナーホルン」など幾つもの種類に分けられています。

優しい音色が多くの場所で大活躍

ホルンは構造的に柔らかな音色の為に、違うグループの演奏形態の中でも存在感を確保して色々な場面で活躍している楽器です。木管楽器が合奏する形に「木管五重奏」と言うのがあります。オーボエ、クラリネット、フルート、ファゴットが各一人ずつ演奏する合奏形態ですが、ここにホルンが入っています。金管楽器で合奏する「金管五重奏」にもトランペットやトロンボーンと一緒にホルンは存在しています。分類上は金管楽器に属しているのでこちらに存在するのに不思議はありませんが、木管五重奏にも存在するのはホルンが持つ音色の軟らかさにあるのです。

ホルンの構造の特異性

ホルンは、古代の人々が狩猟で獲った獣の角を楽器としたのがその起源と言われています。16世紀までは狩猟時の信号用楽器として発達して行きました。馬に乗りながら吹けるように管を大きく巻いて肩に提げて使っていたのですが、その際に邪魔にならないようにと朝顔状のベルは後ろ向きになったとされています。この構造の特異性がホルンの柔らかな音色を作り出しているのです。

サックスは木管楽器に分類される管楽器です。木管楽器ですが金属で出来ており、初心者でも音が出しやすく大人の趣味としても始めやすい楽器です。